会社概要 #

会社概要

KKBOXは、500以上のメジャー・ローカル音楽レーベル様や権利者様と提携し、3000万曲の楽曲を配信しており、なかでも世界最大数を誇るC-POPを取り揃えているアジア最大の音楽聴き放題サービスです。

KKBOXは2004年に台湾で設立されサービスを開始、2009年に香港へもサービスを拡大し、急速に加入者を増やしました。この成功により、2010年12月には日本の通信事業者であるKDDIがKKBOXの株式の過半数を取得、2011年にはスマートフォンの技術革新とデザインで世界をリードするHTCが資本参加し、先進的な技術力と戦略的資本提携で、精力的に日本及びアジア各国へ市場を広げています。

KKBOXの音楽聴き放題サービスは、スマートフォン・タブレット・PCとマルチデバイスで利用でき、さらに音楽をキャッシュすることでオフライン環境でも楽しむことができます。デジタル著作権管理技術(DRM)を利用して合法に音楽を配信する市場を確立し、現在は台湾・香港・シンガポール・マレーシア・タイ・日本の6カ国でサービス提供、年間で50億回以上再生される音楽サービスへと成長しました。

KKBOXのビジョンは、お客様が、手頃な値段で気軽に音楽に触れて楽しんでもらうことで、音楽への情熱をみんなで共有できる世界を作ることです。 私たちは、好きな音楽やアーティストとお客様の距離をより身近にするために、あらゆる音楽体験を提供し続けることを、お約束します。

KKBOXでは音楽配信のみならず、独占の映像・アーティストインタビュー・ライブレポート、そして月刊の音楽誌「Let’s Music!」など幅広い方法で音楽情報をお届けしています。また、KKBOXのオリジナルの機能「Listen With」では、有名人や友達とリアルタイムに同じ音楽を聴きながらチャットができる特別な体験を通して、新しい音楽の楽しみ方を提案しています。加えて、毎年開催している音楽イベント「KKBOX Music Awards」は、KKBOXでの年間配信チャートを表彰するイベントとして、中華圏のアーティストのベンチマークとしても認知されるほど、中華圏の音楽シーンにおいて最も影響力のあるイベントとして確立されています。2014年にはオンラインチケットサービス「KKTIX」をスタートし、人気ライブやKKBOX主催イベント"KKBOX Live!"のチケットをスマホやPCから簡単に購入できるようになりました。


KKBOXは、単純に便利であるというオンライン音楽配信サービスの枠を越え、特別な体験・尽きない音楽の楽しみ方を提案することで、皆様に最高の音楽体験をお届けします。

Back to top