動かざること山の如し

作詞:まふまふ    作曲:まふまふ

読めぬ空気は読まぬまま
舞台にあがる軽はずみ
幾万を超えて列を成し
並ぶ 並ぶ

のっぴきならない戦況に
逃げ腰は元の木阿弥
然れど心のひきこもり
終わり
終わりは刹那

ただいつか見た夢を その夢を叶えるために
勘違い哀れ 殻破る決定打

やだやだ そんなの関係ない
心に刻み込んだ合言葉
はなから言うなら敗戦だ
見栄はっては強がれど四面楚歌

でもでも やんなきゃなんないない
固まっては裏返ってこの仕打ち
やだやだ そんなの関係ない
動かざること山の如し

明け方に寝て 夜起きて
口も開けずに明日を待て
耐えて忍ぶが前半生
独り 独り

ココロひとつを交わすだけ
そんなのも出来ずに十数年
逃げて隠れて天手古舞
終わり
終わりは刹那

ねえいつか見た夢の その続きを歩くはずが
すぐ折れるココロ 型破り最底辺

やだやだ そんなの関係ない
身の丈に合わなかった軒提灯
どうしてどうして こんな身勝手が
許される挙句に拍手の雨

引いて引いて 引いては引いて
引くばっかで押しはしないが座右の銘
やだやだ そんなの関係ない
動かざること山の如し

抜き足 差し足
あー こんな幸せにゃもうバイバイ
期待 期待 しないで頂戴
そんなの疾うにわかってんだ

あれこれ あれこれ
もう嫌になる言葉も無問題(もうまんたい)
期待 期待 しないで頂戴
一生殻にこもっていたい

やだやだ そんなの関係ない
心に刻み込んだ合言葉
はなから言うなら敗戦だ
見栄はっては強がれど四面楚歌

でもでも やんなきゃなんないない
固まっては裏返ってこの仕打ち
やだやだ そんなの関係ない
動かざること山の如し