Kingyo
出自專輯
一匹狼
發行月份

Kingyo

作詞:湯木慧    作曲:湯木慧

赤くなる餌を食べ褒められ、
生きやすい方へ流れてゆく
右往左往して塗り替えられ、
着飾る術ばかり増えてゆく
飼いならしてたはずの赤い金魚は、
とうの昔に暴れてた
なけなしの体に残ってた嘘は、
まっかなまっかな金魚です。

赤い金魚が飛んでった、
長い尾を揺らして飛んでった
身体中を駆け巡り、
一つ一つと逃げてゆく
喉に向かってった、
腹から溢れて泳いでった。
一つ一つと逃げてゆく、
一つ一つと増えてゆく。

多種多様な形をしてた、
吐いて吐いて首絞めつけた
掬い上げたような顔してさ、
飼い慣らされてたのは、僕だ。

赤い金魚が飛んでった、
長い尾を揺らして飛んでった
身体中を駆け巡り、
一つ一つと逃げてゆく
喉に向かってった、
腹から溢れて泳いでった。
一つ一つと逃げてゆく、
一つ一つと増えてゆく。

真っ赤な、僕の鱗は、
ゆっくり、空に剥がれた
真っ赤な、僕の鱗は、
ゆっくり、海に、溶けた。

黒い金魚が飛んでった、
長い尾を揺らして飛んでった
身体中を駆け巡り、
ただ、一つ、泳いでった
遠く遠く飛んでった、
腹から溢れて泳いでった
ただ、一つ、泳いでった、
ただ、一つ、泳いでった

金魚が飛んでった、
長い尾を揺らして飛んでった
身体中を駆け巡り、
一つ一つと逃げてゆく
喉に向かってった、
腹から溢れて泳いでった。
一つ一つと逃げてゆく、
一つ一つと増えてゆく。