ストリーミング世代の注目アーティスト8組〜NOW PLAYING JAPAN〈STARTERS MATCH〉特集Vol.3〜

  • 邦楽
KKBOX編集室

スペースシャワーTV、ビルボードジャパン、そしてKKBOXを含む音楽ストリーミングサービス各社が垣根を無くし、新たな音楽トレンドを生み出す〈NOW PLAYING JAPAN〉。その中で注目して欲しいのが、次世代のニューカマーを紹介する応援企画「STARTERS MATCH」。メジャー、インディーズを問わず、いま注目されるストリーミング・ライクな8組のアーティストを各サービスでレコメンド展開します。そして3月5日から4月7日まで間で楽曲再生回数が最も多かったアーティストが、5月28日に東京・新木場STUDIO COASTで開催されるプレミアムイベント「NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.3」にライブ出演となります。

3回目を迎えた「STARTERS MATCH」で展開されるアーティストは、Amelie、INTERSECTION、琴音、ズーカラデル、ナナヲアカリ、ネクライトーキー、PELICAN FANCLUB、まるりとりゅうがの8組のアーティスト。今回は各出演アーティストから「自身が手がける音楽の魅力」と「音楽ストリーミングサービスの魅力」についてコメントいただきました。リスナーひとりひとりの楽曲再生が、未来のアーティストへ繋がる「STARTERS MATCH」。注目のアーティストをプレイリストやお気に入りにコレクションして、ぜひ皆さんも参加してくださいね。

Amelie

埼玉県越谷出身 4 ピースロックバンド『Amelie』
天真爛漫な紅一点のmickを中心に2011年に埼玉県越谷市で結成。熱量溢れる圧倒的なライブパフォーマンスを武器に、年間平均100本のライブをこなす“ライブバンド”。POPな楽曲を中心に、踊れるリズムや攻撃的なギターリフ、そしてバラードまで自らの楽曲のジャンルを型にはめない作品作りも魅力の一つ。昨年、地元越谷でのサーキットイベント「鐘フェス」の主催では500人を動員しソールドアウト。そして、自身最大規模となる恵比寿LIQUID ROOMでのワンマンライブでは過去最高動員を記録。2019年4月24日に新しいシングル「ノンフィクション」のリリースを控えている。

出典元:YouTube(Amelie Official)

回答:mick

Q1:Amelieの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください

Amelieは、いい意味で「庶民派」だし、そこが魅力だと思ってます!がむしゃらに毎日を頑張っているのに、ズッコケてしまってなんだかうまくいかない。だけど、前を向いて頑張っていきたい!そんな人に届いているのは、メンバーがリアルにそうだから。頑張ってる人、明日から元気に頑張りたい人に聴いてほしいです!他に魅力があるとすれば、少年・少女を行き来できる、中性的なmick(私だ)の歌声!!!!!

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

「あ、あれ聴きたい!」と思って検索したら、瞬発的に引っかかってその曲を聴けるスピード感は本当にありがたいです!もっと凄いのは、「あ、あれ聴きたい!」で流していたら、それに類似する"あなたの好きそうな"曲が次から次へと流れてくること。沢山の音楽を知りたい、掘り下げたい人には画期的すぎるシステムだし、そこからほんっとうに気になって好きになったら、CDを買ってちゃんと作品丸ごと楽しめばいい。そしたら、よりそのアーティストを好きになる!
私にとっては、「好きな音楽が増えるきっかけ」です!

INTERSECTION

2018年10月5日に「Heart of Gold」でデビューを果たした、日本とアメリカのダブルカルチャーを持つボーイズグループ、 INTERSECTION(インターセクション)。メンバーは、橋爪ミカ、青山ウィリアム、ミッチェル和馬、モリアティー慶怜(ケーレン)の4人。10月5日に「Heart of Gold」、11月9日に「Falling」、12月7日に「Body Language」、1月25日に最新シングル「Twisted」と4ヵ月連続で配信シングルをリリース。「Twisted」のミュージックビデオは、YouTubeで1週間で100万再生を記録する快挙。1月30日に発表された、YouTubeが選ぶ2019年のブレイク期待アーティスト「Artists to Watch」にも選出される。ファッション面でも、Diorの2019年プレ・フォール・コレクション「Dior MEN'S FALL 2019 Runway Show in TOKYO」やLOUIS VUITTONの「MEN’S SS19 POP-UP STORE OPENING RECEPTION」にも招待されるなど、ファッション業界からも高い注目を集めている。

出典元:YouTube(INTERSECTION)

回答:橋爪ミカ

Q1:INTERSECTIONの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください。

僕達のグループは、メンバー全員が日米のハーフで英語と日本語を使って活動しています。アメリカのカルチャーで育ち、ミュージックシーンにも強く影響を受けているので、自分たちで作る曲にはそういった要素が多く入っていると思うので、ジャンルにとらわれず、たくさんの方に聴いてほしいです。

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

実際、僕もストリーミングサービスをとても利用していて、世界中の音楽を聴いています。たくさんのアーティストや曲を知るきっかけになっていて、自分の作品作りにもとても役立っています!

琴音

新潟県長岡市出身。2002年1月7日生まれ、現在17歳のシンガーソングライター。「Eggs presents ワン!チャン!! 」グランプリ、テレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」グランドチャンプを獲得し、2018年7月にミニアルバム「願い」をリリース。2019年3月6日、E.P.『明日へ』でメジャーデビュー。

出典元:YouTube(琴音)

Q1:琴音さんの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください。

自分自身の魅力については難しいですが、歌詞は等身大の現在(17歳)の自分を投影したような世界観で書くことが多いです。そして、どんな人にも共感してもらえるようなシンプルな感情を言葉で表すことを意識しています。デビューE.P.「明日へ」に収録した「ここにいること」は、私にとってのターニングポイントがきっかけで制作しました。この時期は進学や新社会人など新生活がスタートする方にも共感していただけると嬉しいです。

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

年代や国籍、ジャンルを越えた音楽を自由に聴けるのがとても魅力的です。まだまだ知らない音楽が多いので、音楽を学ぶ場としても活用したいと思っています。

ズーカラデル

Gt.&Vo.吉田崇展、Ba.鷲見こうた、Dr.山岸りょうからなる札幌発の3ピースロックバンド。2017年9月に1stミニアルバム「リブ・フォーエバー」を会場販売開始。2018年3月に現体制となり、11月21日2ndミニアルバム「夢が醒めたら」発売。12月に開催した初ワンマンツアー「地獄の入り口TOUR」は全公演完売。2019年、更なる飛躍を遂げるべく活動中。

出典元:YouTube(SPACE SHOWER MUSIC)

回答:吉田崇展

Q1:ズーカラデルの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください。

出来るだけ良い曲を作って、真面目に演奏しています。ポップで聴きやすいと思います。

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

ストリーミングサービスの中でも、公開されているプレイリストを再生するのが好きです。自分の知らない良い曲が勝手に流れてくるので、サブスク導入後は音楽がより身近になりました。自分の好きなミュージシャンが公開しているプレイリストなどを聴くと、恋する10代のような気持ちになります。

ナナヲアカリ

基本コミュ障。メンヘラかわいい。ちょっと頑張るひきこもり。原宿発・社会不適合系ダメポップを提唱する“ダメかわ”ガール。2016年、ニコニコ動画で発表した「ハッピーになりたい」が話題となり、原宿の古着屋「Business As Usual」にて通販限定で販売した1st Tシャツ(CD付)「しあわせになりたい」は即完売。以降、「いろいろいうけど「♡」(いいね)がほしい」までに計4 枚のミニアルバムをインディーズで発表。2017 年には舞台「Fate/Grand Order THE STAGE - 神聖円卓領域キャメロット-」にてマシュ・キリエライト役に大抜擢され大きな注目を集める。2018 年、TVアニメ「ハッピーシュガーライフ」の主題歌に新人ながら起用され、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズよりメジャーデビュー。中毒的なファニーボイスとキャラクターが人気となり、今までにアップした楽曲MVは動画投稿サイトで累計4000万再生を突破している。

出典元:YouTube(ナナヲアカリ OFFICIAL)

Q1:ナナヲアカリさんの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください。

"ナナヲアカリ"というブレない軸がありながら、様々なクリエイターの方々とのコラボで起こる化学反応を楽しんでもらえることが魅力なんじゃないかなぁと思っています。「ワンルームシュガーライフ」は短い曲の中で目まぐるしく展開や曲調が変わっていくので何回でも聴いて頂きたいですね。「ハノ」はナナヲアカリの中ではとても珍しい恋の曲です。アップテンポで楽しく聞けるのになぜか切なくなってしまう…といった不思議な気持ちを感じて頂けると嬉しいです。

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

とにかく手軽にたくさんの音楽と出会える、ということがなによりの魅力だと思います。私自身、今まで知らなかった素敵なアーティストをストリーミングサービスで見つけて新しいプレイリストを作ったりと存分に活用させてもらっています。また、その人その人の趣味にあったプレイリストやアーティストをオススメしてくれる機能もとても嬉しいです。おすすめされてどんぴしゃな時とかは毎回「すごい時代だ〜!」と感激しちゃいます笑

ネクライトーキー

Gt.の「朝日」が主導となり結成されたバンド、ネクライトーキー。朝日の作る軽快なロックサウンドに乗せた鬱屈したネガティブ歌詞世界を、Vo.「もっさ」のどこかあどけなさの残るキャッチーで唯一無二な声質で歌い上げる。「ネガティブさ」と「キャッチー」「ポップ」のバランスが生む絶妙な音楽性に注目が集まり、2019年1月に放送された日本テレビ系「バズリズム02」の「今年コレがバズるぞ!BEST10」では第3位を獲得。3rd デモシングル『オシャレ大作戦』は、タワーレコード指定店内のネクスト・ブレイクアーティスト売上ランキング企画「タワクル」にて各都市で1位を記録。2018年12月にリリースした1st フルアルバム『ONE!』はiTunesロックランキングで5位にランクイン。全国ツアーのチケットも全公演SOLD OUTするなど、全国各地で話題騒然となっているバンドである。

出典元:YouTube(NecryTalkie Official)

回答:もっさ

Q1:ネクライトーキーの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください。

曲のハチャメチャさは一聴してもらうとよくわかると思うのですが、各楽器それぞれが面白いことをしてるのが楽しいです。ドラム、ベースにギターやキーボード、ボーカルが乗ってるというよりは、絡まってるというか。どの楽器も演奏したくなっちゃう。出来ないんですけど。キーボードの音とか大好きです。歌詞も読んで欲しいです。楽しんで聴いてもらえたらそれだけで嬉しいです。

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

「このバンドめっちゃ良いよ」って友達に教えてもらった帰り道、すぐにそのバンドを調べてCDの曲を聴けちゃうのはすごく良いです。友達のおすすめの熱が冷めないうちに聴けるので。手軽に聴けちゃうし、関連には自分の好きそうなまだ知らないアーティストさんが並んでいたりして、自分が好きなアーティストと出会える一つのきっかけだなと思っています。そこからお気に入りのCDがあればモノが欲しくなったりするし、ストリーミングが先行で、CDよりも先に聴けることもありますし。楽しく利用しています。

PELICAN FANCLUB

光と闇の両極を鮮やかに描き出した楽曲群で、リスナーの感性を震わせる3ピースバンド。シューゲイザー、ドリームポップ、ポストパンクといった海外の音楽シーンから日本語ロックシーンまで双方にリンクするハイブリットな音楽性と、エンドウアンリ(Vo.&Gt.)の声によって紡がれる感覚的な歌詞世界により、唯一無二の空間を生み出す。オーディエンスに360°囲まれた状態で行うフロアライブ「DREAM DAZE」を不定期に開催するなど、独自の視点による活動で、音楽ファンの支持を集めている。

出典元:YouTube(Sony Music (Japan))

回答:エンドウアンリ

Q1:PELICAN FANCLUBの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください。

特に歌詞に注目して欲しいです。僕の実体験や日々考えていることについて歌っています。楽曲を聴くシチュエーションによって同じ曲でも違った聴こえ方になるように作っています。

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

普段からライブなどで移動することが多いので、1日のほとんどをストリーミングサービスを利用して音楽を聴いていると言っても過言ではないです。学生時代はCDを何枚か持ち歩かないといけなかったので聴けるアルバムも限られていたけど、今はストリーミングサービスのおかげで、どこでも自分の聴きたいものを常に全部持ち歩けるのは良いですよね。より一層音楽が身近になりましたし、学生時代の僕の理想が叶いました。その分、CDやLPを聴くときはまた違った印象で楽しめたり。家の中でじっくり音楽を聴く時間も大切だなと思います。聴く環境のことを意識して作曲する時もあり、そこから新しいアイディアが生まれるなど、リスナーとしてだけでなく、作り手としても嬉しいです!

まるりとりゅうが

2018年4月結成。カヴァー動画が爆発的な話題となり同世代の男女から絶大な人気を誇るMaRuRiと、音楽番組での歌唱がSNSで注目を集める現役慶應大学生シンガーソングライターRyugaからなるユニット「まるりとりゅうが」。メジャーデビュー前にして2人のSNSフォロワー合計がTwitter 12万人、Instagram 13万人という驚異的な数字を叩き出す。2018年11月に配信した初のオリジナル音源『気まぐれな時雨』(作詞・作曲:Ryuga)がLINE MUSICデイリーランキングで2日連続1位、iTunesのリアルタイムランキングも最高位7位を獲得、さらに LINE MUSICウィークリーチャートで2位を獲得し、デビューしたばかりの新人にもかかわらず大反響を呼び、まさに今SNSでバズりまくっている今年最注目の新人アーティスト。毎週定期的に行なっているインスタライブの同時視聴者数は3,000人を超え、これまでに類をみない「インスタライブ発」の本格派アーティストである。

出典元:YouTube(maruritoryugaVEVO)

回答:まるりとりゅうが

Q1:まるりとりゅうがの魅力や、「こんな点を聴いてほしい」ということを教えてください。

男女ユニットなので声の高さ(キー)は全然違いますが、声の相性はとても良いと思います。
楽曲はリアルな言葉遣いの歌詞が多いので共感いただけると思いますし、
歌声だけではなく、二人の仲の良さやキャラにも注目して欲しいです!

Q2:音楽ストリーミングサービスの魅力を教えてください。

ストリーミングの魅力はスマホやPCさえあれば気軽にいつでもどこでも音楽を楽しめるところです。私たち自身ももちろんストリーミングサービスを利用していますが、プレイリストを作ったり、好きな曲を友人とシェアしたりしていつも活用しています。


〈インフォメーション〉

『NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.3』
2019年5月28日(火)
東京・新木場STUDIO COAST

ビルボードチャートを賑わせたアーティスト数組と、本プロジェクトの事前展開「STARTERS MATCH」で決定した新人アーティストによるオムニバスイベント。
新人アーティストは8組のアーティストの中から、ストリーミング各社での期間中のストリーミング数により1組が選出。

出演:<NOW PLAYING ARTIST> 後日発表
<STARTERS ARTIST> STARTERS MATCHで勝利したアーティスト1組

主 催: NOW PLAYING JAPAN製作委員会
協 賛:ファミリーマート、株式会社ECC
特別協力:uP!!!ライブパス
ストリーミングサービス: Apple Music、Amazon Music、AWA、うたパス、Google Play Music、KKBOX、Spotify、SMART USEN、dヒッツ、LINE MUSIC、Rakuten Music、RecMusic
告知協力: J-WAVE、ニッポン放送
企画・制作: Billboard JAPAN、SPACE SHOWER TV
公演に関するお問い合わせ:H.I.P. TEL. 03-3475-9999(平日10:00-18:00)


KKBOX編集室

KKBOX Japan編集室

関連アルバム

ギャラリー

関連記事