東京オリンピックのセレモニーで歌ってほしいアーティストは?

  • 邦楽
  • 洋楽
  • 総合
  • 特集
海老沼邦明

今年は2月が29日まであったんですね。オリンピックイヤーですね。……ということで、夏にはリオで熱戦が繰り広げられるわけですが、ということはつまり東京まであと4年なわけで。オリンピックといえば、もちろんスポーツの祭典ですが、それとともに、開会式や閉会式のセレモニーでのパフォーマンスも話題になります。12年のロンドンオリンピックではポール・マッカートニーが歌唱、10年のバンクーバー冬季オリンピックではアヴリル・ラヴィーンが歌い話題になりました。この閉会式では他にも、ニール・ヤングやアラニス・モリセット、SUM41など超豪華な顔ぶれが登場。なんとアンコールまで起こった(起こってしまった)のでした。

(画像:Olympics「The Complete London 2012 Opening Ceremony」より引用)

では4年後、東京では誰が歌う? テレビ朝日の人気音楽番組『ミュージックステーション』では、「2020年東京オリンピックの開会式・閉会式で歌ってほしいアーティスト」と題して、視聴者からリクエストを募集。こちらは後日番組内にてランキングを発表ということなので、どんなランキングになっているのか興味津々です。それに先駆けて、日本オリンピック委員会(JOC)が2013年に公式サイトなどでアンケートを実施。なんと応募総数は14万件を超えたそう。2年半ぐらい前ということで、ちょっと気がはやいような気もしますが、そちらのランキングは以下の通り。 1位:サザンオールスターズ 2位:嵐 3位:EXILE 以下、ゆず、DREAMS COME TRUE、AKB48と続きます。人気アーティストがずらり、といった感じ。ただ、ふと思うのです。「歌わなくちゃいけないの? 」とも。椎名林檎がテレビで「花火一発でいいんじゃないか」などと言っていたことを思い出しますが、確かに歌わなくたってもいい。ロンドンのロックコンサート風もいいけれど、ソチオリンピックのような荘厳な開会式もまたいいものです。日本なんだから和太鼓でなんかもうテンションあがっちゃう開会式だっていいんじゃないかと。 まだまだ先の話ですが、どんな音楽が、どんなミュージシャンが、どんな演出でオリンピックを盛り上げてくれるのか実は楽しみにしております。そんなうるう年でした。プレイリストには、ロンドンオリンピックでポールが歌った「Hey Jude」、バンクーバーの「マイ・ハッピー・エンディング」(アヴリル・ラヴィーン)のほか、日本でのテレビ各局の2000年シドニー以降のオリンピック放送テーマソングなどを集めてみました。みなさんなら誰に歌ってほしいですか?

海老沼邦明

大学在学中から出版社に勤務。 主に小説、映画関連の書籍の編集を担当していた。 2007年からフリーランスで活動を始める。J-POPを中心とした音楽関連の記事、アーティスト関連本を手がける。 趣味は野球(やる方)とマンガ(読む方)。

関連アルバム