ありがちな恋愛

作詞:秋元康    作曲:杉山勝彦

同じ方向に並んだ団地の窓に
いくつ しあわせが存在するか数えて
風に揺れている洗濯物の色味で
どんな家族なのかわかる気がしてしまうよ

僕が守りたいもの
そこにあるのか(未来)
通りかかった道端で考えた

ありがちな
恋愛のその結末はどれも同じで
そう知らぬ間に二人 別の道を行く
愛よりも大切な夢を見つけたのなら
現実はいつだって退屈なものだ

空に息を吐く一本の煙突の下で
一体 何を燃やしてるのだろうと思う
そこにあるものの意味を考えたくなる
こんな理屈っぽくなったきっかけは何だ?

あの日 一人になって
探し始めた(理由)
もし失ってしまったら困るもの

ありがちな
サヨナラはそれでよかったと言い聞かせて
何回も“もしも”ばかり振り返るだけさ
本当は納得できてないってことだろう
後悔はいつだって意地との綱引き

君はどうなんだろう?
望み通りか?(今は)
手に入れた夢の暮らしはしあわせか?

ありがちな… ありがちな
恋愛のその結末はどれも同じで
そう知らぬ間に二人 別の道を行く
愛よりも大切な夢を見つけたのなら
現実はいつだって退屈なものだ