夏Dive

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

流れる汗のしずくが 强张るココロ溶かす

素足がヤケドしそうな テトラの渊で
シャツもスカートも脱ぎ舍てて翔べ いま

青い空と海をバックに写せ 裸の自分を
照らす太阳のフラッシュがもうハレイション
涙も悔いも汚れたあの想い出も 夏のせいにしてDive!
掴め 云まで手が届くパノラマ

道に迷える仲间と ホンネを忘れようとしてる君

笑えない时间ばかりを増やしてく日々を
洗い流せと太阳が告げる季节

日差しの下でビショ濡れで君を口说かないphilosophy
嗤え 妄想 跳び超えるchapterへ
両手を拡げ 今を人生を 呗え 梦见てdive
素肌 触ればほら 伝わる温度

青い空と海をバックに写せ 裸の自分を
照らす太阳のフラッシュがもうハレイション
波のシブキ 水平线の向こうに何があるかなんて
ナビに頼るな ほら 眼を逸らすな
弾ける笑颜 ありのままの素颜 知ってたいし 知ってほしい
跃ってるまま アガってSummer Dive

生きてくってDive