車窓(from『What's flumpool !?』)

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

夕立ちのホームの隅 たたずむ君
寄せてく人波 浮かぶシルエット

动き出す银の窓枠 咄嗟(とっさ)に掴んで
思い知る まだ消し去れない
やさしさに 恐れ抱いた
愚かな日を

いまでもまだね 君が好きで
言えるはずもなくて
その微笑(ほほえみ)も 寂しさも 强がりも
受け止めてくれる人がいますように

窓を开けようとして 动かなくて
远ざかる景色は 雨に渗む

梦という列车を 降りれなかった仆を
あの日も见送ってくれた
君だから 君だけに
伝えたいよ

いまでも君が 素敌なこと
爱されるべきこと
谁よりもっと 包まれていて欲しいこと
世界中の伞をいま 届けたい

よみがえる 救われたフレーズ
仆は君に何かを残せたかな

いまならわかる 痛いほど
伝えるかわりに
あの日々をいつか 夸れるように笑えるように
笑颜で手を振れる日まで 进んでく
振り向かずに