泡泡

Lyricist: 愛    Composer: 愛

何时だって 不器用だったから
こんなにも 离れてしまってた

君は変わって とても変わって
自分の伤を人に付けたがる
とても弱い人 寂しい人

あの顷の仆らは 云のない世界
地上はいつも 丸裸のように
ある気持ちすべてを 突き通す世界
だから 无我梦中に 爱を覚えて
不器用に伤つけ合って 消える

想い合って 思いやりもってた?
今もう一度と 思ってしまっても

过去は変わって とても変わって
きれいな思い出さえ 燃やしてしまい
とても とても かわいそう

あの顷の仆らは 云のない世界
なんだって 新鲜に届けていたように
今顷仆らは 昙り空世界
太阳など见えない 伝えることもない
守りあって 不安はいつか消える

あの顷の仆らは 云のない世界
二人の心は すぐそばと感じていた
ある気持ちすべてを 突き通す世界
だけど 伝わらず すれ违って
不器用に伤つけ合って消えた