見つめていたい

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

好きだ というだけじゃない想いほど
カサブタの隙间に染みて
追いかけず ただ手を拡げて 映したい いくつもの仕草

廻り道を 缲り返して 出会えたから
恐れないよ 畏(おそ)れないで every breath

よろこびも 悲しみも 星のない夜も
君という 花が咲く 涙が色付く
二度と无い 一瞬を まっすぐに咲き夸れ
かなわない辉きを 见つめていたい…ただ傍に 永久(とわ)に

人は 谁もが影を抱え
それでも恋に落ちてゆく
そうしていつか解りあえる 抱きしめたモノの儚さを

谁もいない道を 裸足で歩いていく
半歩后ろ 転ばぬように I'll be here

微笑(わら)ったり 泣きだしたり 踬(つまず)いてみたり
君がいる それだけで 涙が出るよ
纺ぐ日々 水をやろう 胸いっぱいに浴びて
いつの日も 愿いはひとつ …见つめていたい

吊革も持たずよろめきながら 送ってくれたメッセージ
届いてるよ…今も

微(わ)笑(ら)ったり 泣きだしたり すべての想い出に
君がいる それだけで 涙が出るよ

よろこびも 悲しみも 星のない夜も
君という 花が咲く 涙が色付く
二度と无い 一瞬を まっすぐに咲き夸れ
かなわない 辉きを 见つめていたい
いつの日も 愿いはひとつ 见つめていたい
…ただ傍に 永久(とわ)に