Sayonara Elegy

Lyricist: 石崎ひゅーい    Composer: 石崎ひゅーい

仆はいま 无口な空に
吐き出した孤独という名の云
その云が雨を降らせて
虹が出る どうせ掴めないのに

はじめてのキスを缲り返して欲しくて

爱が仆に噛みついて 离さないと言うけれど
さみしさのカタチは変わらないみたいだ
舞い上がって行け いつか夜の向こう侧
うんざりするほど光れ君の歌

やさしさが浊った日々の
忧郁は満员电车みたいだ

冷めたぬくもりをむやみに放り投げた

仆が爱を信じても きっといなくなるんだろ?
それならいらない 哀しすぎるから
さようならさえも上手く言えなそうだから
手をふるかわりに抱きしめてみたよ
流れ星をみた 流れ星をみた
愿う仆の歌

そばにいるだけで本当幸せだったな
そばにいるだけでただそれだけでさ

爱が仆に噛みついて 离さないと言うけれど
さみしさのカタチは変わらないみたいだ
舞い上がって行け いつか夜の向こう侧
うんざりするほど光れ君の歌
もう伤つかない もう伤つけない
光れ君の歌