Doppelganger

Lyricist: Nakajin    Composer: Nakajin

いつになったら君に追いつける?
いつもギリギリ见える所にいる
まったく意地が悪いよな
やっとの思いで尻尾を掴んだのにまた蜃気楼

これがホントに仆が生み出したもの?
こんなに人生弄ばれるなんてさ

春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも
追いかける背中 泣いている暇はない
秋に财布を失くしても 冬に病魔に冒されても
逃れられはしない 心に针が刺さったままでも走る

いつになったら君は満足する?
待ってくれた试しなどない
まったく可爱げがないよな
不意に背后から闻こえるわざとらしく深いため息

これがホントに仆自身だったもの?
真绵で首を绞めるようなマネされるなんてさ

春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも
迫りくる足音 呼吸も浅くなる
秋に财布を失くしても 冬に病魔に冒されても
走り続けなきゃ いつか辿り着く楽园を梦见て

本当は分かってる
被害妄想気味だって
君らにはちゃんと感谢してるよ
辛くても続けてきたから
今の仆があるんだ
さて次はどこへ向かおうか

春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも
踏み缔める脚に不思议と力が涨る
秋に财布を失くしても 冬に病魔に冒されても
最近気づいた 走ってる仆は大体笑颜なんだって