Zenzenzense - movie ver.

Lyricist: 野田洋次郎    Composer: 野田洋次郎

やっと眼を覚ましたかい それなのになぜ眼も合わせやしないんだい?
「遅いよ」と怒る君 これでもやれるだけ飞ばしてきたんだよ

心が身体を追い越してきたんだよ

君の髪や瞳だけで胸が痛いよ
同じ时を吸いこんで离したくないよ
遥か昔から知る その声に
生まれてはじめて 何を言えばいい?

君の前前前世から仆は 君を探しはじめたよ
そのぶきっちょな笑い方をめがけて やってきたんだよ

君が全然全部なくなって チリヂリになったって
もう迷わない また1から探しはじめるさ
むしろ0から また宇宙をはじめてみようか

どっから话すかな 君が眠っていた间のストーリー
何亿 何光年分の物语を语りにきたんだよ けどいざその姿この眼に映すと

君も知らぬ君とジャレて 戯れたいよ
君の消えぬ痛みまで爱してみたいよ
银河何个分かの 果てに出逢えた
その手を壊さずに どう握ったならいい?

君の前前前世から仆は 君を探しはじめたよ
その騒がしい声と涙をめがけ やってきたんだよ

そんな革命前夜の仆らを谁が止めるというんだろう
もう迷わない 君のハートに旗を立てるよ
君は仆から谛め方を 夺い取ったの

前前前世から仆は 君を探しはじめたよ
そのぶきっちょな笑い方をめがけて やってきたんだよ

君が全然全部なくなって チリヂリになったって
もう迷わない また1から探しはじめるさ
何光年でも この歌を口ずさみながら