Genge

Lyricist: Enon Kawatani    Composer: Enon Kawatani

かつて ニューヨークに住みたいと言った
彼女は鉄を打ち损なった
雫横切る天気雨の景色を睨んで
今日も后悔している

されどされどと永らえてきて
手に入れた毒のコレクションの
看板ぶら下げて消えいった
笑颜でレジを打っている

戻らないことの美しさを
谁よりも否定して欲しい
运命の価値が等しいなら
もう会えないけど

余すことなく好きって言って
例えば私に
幸せが痛む前にハート
掴んで引き抜いてよ

スポンジみたいな身を溃してまで
鉄を打ったなら受け取る痛みも半分に
受け取る幸せは倍になっただろうか

ねえどう思う?
反転しない心镜は
真実を写しすぎて
嫌になっちゃうくらいさ
でも想ってること溢れすぎて
割れてしまう
割れてしまえばいい

戻らないことの美しさを
谁よりも否定して欲しい
运命の価値が等しいなら
もう会えないけど

余すことなく好きって言って
例えば私に
幸せが痛む前にハート
掴んで引き抜いてよ

余すことなく好きって言って
例えば私に
幸せが痛む前にハート
掴んで引き抜いてよ

戻らないことの美しさを
谁よりも否定して欲しい
运命の価値が等しいなら
もう会えないけど