Polaris

Lyricist: aimerrhythm    Composer: 飛内将大

沈黙の夜凪に漂った小さな船は
体中 伤を背负った 旅人のせた ゆりかごになった
悲しげなその寝颜は もう谁も 寄せ付けないそぶり
ここが今 どこか知らずに 北へ 北へただ向かう

つないだはずの その手が ほどけていく
君はまるで はじめから '爱されること'が できないみたいだ

いつだって 途惑って 帰ることもできなくなって
「助けて」って叫んでるだけで 届かなくて 悲しくて
「仆は一人だ…」
そんなこと もう言わせない

日々揺れる心に 浸みこんだ昨夜の雨が
伤迹の上を流れる 过去を消し去るように

つないだはずのロープは ほどけていた
船はまるで はじめから 留まることなんて できないみたいだ

いつだって 途惑って 帰ることもできなくなって
「见つけて」って叫ぶ声は まだ 届かなくて 寂しくて
膝を抱いて待っている
「仆は一人だ…」

いつだって 彷徨って 叫ぶこともできなくなって
暗の中を ただただ 歩いた
「そうやって生きてきた仆は一人だ…」
そんなこと もう言わせない

强がりだけの决意が 水面を舞う
それはまるで はじめから 空を飞ぶことが できるみたいだ

いつだって 谁だって 帰ることができなくなって
「见つけて」って叫んでみるけど
届かなくて 寂しくて 膝を抱いて待っている みんな一人で

いつだって 彷徨って 辿る道もない波の上
船はすすむ ただただ 漂いながら
そうやって生きていく 今は二人で
行く先は知らない

いつだって 傍にいて こらえきれず泣きだしたって
暗の中を かすかに照らすよ
そうやって生きてきた君のためだけの
ポラリスになりたい