午夜零时前的傲娇灰姑娘

Lyricist: misono    Composer: 伊橋成哉

0(じゅうに)时すぎれば“なかった事”になっても…
「辛さなら我慢する」约束したし
今こうして“二人の时间”があれば…
私なら幸せ 「だからいいでしょ?」

「また今度」っていつ?
“次”がなくても
私を必要としてくれるなら…

梦でいいから 一瞬だけでもいいから
「いつかは」って信じていたい 「友达(こ)のままでいい」
魔法をかたっけてしまう前に
当分また「现実を忘れさせて」くれるようなものを
言叶も ハッピーエンドな未来も いらないから

「続けることに意味がある」とか言うけど
この先がなくても変えようとせず…
けれどそれは ただ自分がこの场所から
「离れるのが怖い」だけじゃないのかなぁ?

「お前なら大丈夫」
「笑颜がいい」って
そんなこと言われたら…そうするしかないじゃん

嘘でいいから 骗されてあげるから
“私だけ特别”だってもの欲しかった…
朝、目覚めても まだ君を好きなまま
今夜は、昨日よりもっと想って眠る
プレゼントも 私への気持ちも いらないから

叶わなくていい 永远じゃなくてもいい
终わるキッカケも私が作ってあげる
タイムリミット “これ以上”がなくてもいい
ガラスの靴は置いていく ぴったりだったけど

王子様(きみ)にこんなお姫様(おんな)は もう二度と现れない