MY HOME TOWN

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

谁より最初に 感谢したい人
谁より「ごめんね」って 伝えたい人

たまに帰っても 仕事の话题で
今も 远くばかりを见ている仆さ

若さに任せて 飞び出したこの街
「いつでも帰っておいで」
その声に甘えてた

眩しい光 百万本の花も敌わない 色褪せぬ笑颜

恋しい夜は 人気(ひとけ)のない駅の寂しさに 心を寄せてた
街も 人も いずれ変わってしまっても きっと
鲜やかに 苏る

忘れない景色(もの)が ここにあるのに
さっきから 君を忆ってばかり

思い出も届かない 田舎道を歩く
どこまで离れてくの?
置いてきた宝物

知らないビルが 増えてゆくたび
减ってゆく思い出 君と语り合おう

いっそもう 见えない场所(とこ)まで
沈んでくれたら…なんて 心切なくて

街も 人も いつか帰るから
また今日も この仆を走らせる

眩しい光 百万本の花も敌わない 君だけの名场面(シーン)

大きな壁に 倒れた雨の日の芝生(しば)の匂いも 仲间の涙も

いつも 仆を走らせてくれる この场所を抱きしめて
街も 人も いずれ変わってしまっても
きっと もう一つ未来へ