最後のページ(from『What's flumpool !?』)

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

失ったものが 何かもわからず
しゃがみ込み探してたら
またひとつ落ちた

ぎりぎりで切り抜ける日々 鞭(むち)打って
何よりもそう 败北を恐れ

ハチの巣をつついた
野球帽(キャップ)を风に预けて逃げた
远い日の花火は 心で揺れたまま

あの日から仆ら 何処へ向かってきた
あの顷の梦の 何処をさすらう
あてのない旅 缲り返すデイズ
汚れたままじゃ 今はもう笑えない

ひとひらの希望と
慰めあつめて不确かな夜を耐え
また朝を待つ

泣き濡れてしまえば きっと楽だろう…
もがく様を舐めあえば いいんだろう…

降り注ぐ雪のベール
足迹の数を夸らしげに缀った
絵日记の结末は 今じゃない

あの顷仆らは 足りないものだらけで
ほころびのシューズが勲章だった
果てしない未来 破れた地図
憧れを乗せた列车に 手を振ってた

远い日の花火は 心で揺れたまま

あの日から仆ら 何処へ向かってきた
あの顷の梦の 何処をさすらう
あてのない旅 缲り返すデイズ
最后のページに これから何を描く