Calling

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

その手を伸ばしてみて すべてを忘れよう
远回りしてきた 曲がりくねった道を
大事にしすぎる仆ら ちいさなことほど不安で
幸せなはずなのに Hold on, I hold on

揺れる髪も 滑るその肌も 全部谁にも渡さない…なんてね
心がささくれるほど 自分らしさ疑うほど
失うこと恐れるよりもっと 裸で

声聴かせてよCalling×2
见つめてるからずっと
どんな颜もどんな梦も ふたつを重ねて
その瞳の辉きの理由になれるなら
何もいらない 此処にしかない 君という永远

忙しそうだからって 电话をかけて来ない
本音は逆なのに 気づいてまた切なくなる
伤つけないためだけに 笑うのはもうやめよう
たまにはひっぱたいたりしてよ Go on, on and on

细い肩を 强く 手缲り寄せて 今夜 すべてを伝えたい
誓うよ 出会えた事の奇迹を 繋いでゆく意味を
君が君らしくいれるように傍にいるから

泣き颜のままCalling×2
クシャクシャに乱れるなら
ふたりじゃなきゃもうダメだと その胸に刻んで
この瞳の辉きは君と生きた证
欲しがるままに 求め合っていい 恋をしようよ

长い 髪も 滑る その肌も
细い 肩も 指も アツい頬も
清い 不安も 野蛮な 爱しさ…でも
暗い 朝も 歪んだ 真夜中も

磁石のように惹き合って 悦びも叹きも
ぶつかり合う火花のような 绊を

声聴かせてよCalling×2
见つめてるからずっと
どんな颜もどんな梦も ふたつを重ねて
その瞳の辉きの理由になれるなら
何もいらない 此処にしかない 君という永远