aomi

Lyricist: Enon Kawatani    Composer: Enon Kawatani

ほんの少し先が见えてしまったんだ
优しさを踌躇った颜が写った
谁かが见たらそれは慈爱かのように
収まったその一枚は美しい

ラムネのビー玉みたい
闭じ込められてるから美しい
出そうとしたら割れるから
どんな感じで爱せばよかった?

贵重な记录も怖いと嫌うけど
写真くらい取らせてよ、ツーショット
记忆が形になってわかった
やっぱり怖かった

気持ちが残した爱しさは
君に限っては消えないと思ってた
ガラスの向こうに问いかける
追いかける いつまで

泣けども泣けども
恋は散ってった
拾った叶の里侧にあった
见たことない表情
表だけで恋なんてしないように
だって
遅すぎた戒めが今日も上った
心で吸い込むまでもうちょっとさ

歪さは常にあって油断したら
壊れてしまう気配は知っていた
でも身体を重ねる度
危机感は安心に変わっていった

黄昏が近付いてくる音の响き方は
今も忘れない
それは一音にも満たなそうな小さな音
不协和音みたいな倍音だけは
永远に続く気がした

あなたは季节に跨る用心棒
そんなリリックを书いた夏の终わり
パタリと闭じた仆らの夏も
いち早く秋に向かっていった
さよならは怖くない
何回も缀ったのに
どうしようもなく好きだって
アオミ

泣けども泣けども
恋は散ってった
拾った叶の里侧にあった
见たことない表情
表だけで恋なんてしないように
だって
遅すぎた戒めが今日も上った
心で吸い込むまでもうちょっとさ

これからまた素敌な人に出会って
忘れてしまうんだと思う
でもこの歌は覚えてる
歌うたび胜手に思い出すよ

最后の最后に
好きになったんだ
爱は恋より胜手だって
その时に悟ったんだ
叶が落ちる前の隙を见逃した
そんな一瞬が美しいと
悲しい目をして粋に泣いたんだ

泣いたんだ
泣いたんだ

泣いたんだ
泣いたんだ
泣いたんだ