僕は偶然を待っているらしい(from『What's flumpool !?』)

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

掻(か)い潜(くぐ)りながら 呜呼もがきながら
それでも进む 振り返らず
「まぁいいか」って折れて「もういいや」って吐いた
走る背中に唾をかけんなよ

歪む世界 その中ですぅーっと
ただ真っ直ぐに居たいと愿い
土は汚れて 森は流れた
あの顷のように 根ざす事なく

今日も向かうのは 相互依存の槛で
振り払えないと 腐ってくフレンズ

偶然と必然を 高速のカーヴで占って
暧昧で従顺な心ごと 空へとスーサイド
忧郁なだけの 朝への决别

笑われた亲友 拳で庇(かば)った
亲を马鹿にした 上司を削った
壁の向こうは 未来への虚空(こくう)
それが道なら这って行くだけさ

今夜 あの月に向けて誓い立てる
どうせ孤独なら もう解き放て

梦はいつまで 梦で片付けるものか?
现実と幻想の间に 楔(くさび)を打ち込んで
こじ开けるのさ 一筋のリアルへ

いったい何処へ向かうのか?…って问われること
いちばん畏(おそ)れてた日々への复讐(リベンジ)

冬を越えた 蕾だけが咲くように
めぐる めぐる 季节を超えて 生き抜いて

偶然と必然を 高速のカーヴで占って
暧昧で従顺な心ごと 空へとスーサイド
忧郁なだけの 朝への决别

谁(た)がためじゃなく