Kimiiro

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎
恋の色は十人十色 どんな色にでも染まる
コーヒーの趣味 一つとっても いつの间にか 君色
无理しちゃいない ましてやそんな 器用なほうじゃない仆
ただこんなに好きになった事が 无かっただけ 君に出会うまで

抱きあったまま话し続けた 真夜中の歩道桥
大型トラックに揺れる度 はしゃぎ声が响いてた 夏の始まり

恋なんて病 予防接种も治疗法も无い
冷めるまで 心热く 燃えたぎる
こうなっちゃヤバい うずき出す 古伤も
ときめきに误摩化され また 愈えないまま

恋をすれば あばたもえくぼ なんてわけにもいかないが
色んな事 がんばり过ぎないで 仆にとっちゃ ただ一つの光

君の目が突然泳いだ ただ事じゃ无いご様子
4〜5秒前にすれ违ったのは なんの根拠もないけど 多分 昔の彼

いつの日か you are mine この腕で いっそ hold your tight
长い恋の旅路の果て 今 君恋し
仆も触れない 思い出はその胸に
闭じこめてさぁ もう 键は 海に放り投げて

好きだけじゃ ダメな事 わかってるけど
好きな気持ちに 何が胜てるの

恋なんて病 君となら 一生恋したい
饱きられぬように 男 あげてゆかなきゃ
向き合うのが恋 爱は もう 同じ未来へと
向かいながら 梦育む winding road
だから いつまでも君と向かい合ったままで
爱にたどり着けたら
爱にたどり着けたら