虹色蝶々

Lyricist: 黒うさP    Composer: 黒うさP
星空をひらりふわり
云に隠れた月の夜
なんとなく迷い込んだ
埃まみれの小さな部屋

蝋烛の灯り……アカリ
近く远くまた近く
灼热の心……ココロ
そんな不器用さに似て

ゆるやかに舞い降りて
あなたの侧で羽広げた

同じ世界を见てみたいと
そんな视线を投げかけてる

その指先に触れてみたら
何故かとても温かかった

どのくらい过ぎたでしょう
冷えた部屋にふたりきり
泣きそうな颜をしてさ、
飞べない私を见てる

「愿わくば、忘れて」と……
其れが最初で最后の嘘

今手の中に包まれたら
温かくて瞳を闭じる
空を覆った雪の华は
寂しそうに流れた雫

ヤサシイキモチオオシエテクレタ
セツナイキモチオオシエテクレタ

ソレハナニヨリモダイジナコトデ
忘れはしないよ

いつかどこかでまた会えたら
きっと侧で羽を広げて……

雪は次第に雨となって
云が千切れて虹を架ける
私の羽と同じような
とても绮丽な色に変わる