どんな未来にも愛はある

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

ただ、あなたが笑ってくれるから 仆は生きてゆける
もし この声が涸れてもね 呗うから 歓びの歌
美しく辉くほどに 心に咲く花よ
いま称えよう どんな未来にも爱はある

たったひとつだけ言える事があって
あなたに出逢うまで希望など见えなくて
この想いに伪りなどはない
篝火(かがりび)のような 守りたい光

その胸の奥 塞いだ 孤独に触れたい
解(ほど)いてごらんよ もう一人にさせはしない

ただ、あなたが笑ってくれるから 仆は生きてゆける
もし この声が涸れてもね 呗うから 歓びの歌
美しく辉くほどに 心に咲く花よ
いま称えよう どんな未来にも爱はある

何もかもを失ったとしても
求め与え合うあなたと明日がある

慌てなくていい ゆっくり育んでゆこう
数えてみようか 愿った星の数を

いま、あなたが涙に暮れるなら 傍で呗っているから
“负けないで”が辛い响きなら 言叶じゃなく纺ぐ旋律(しらべ)
苦しみも刹那も越えて この世に咲く花よ
瞳(め)を闭じてよ 芽吹いた“绊”はここにある

あなたが足を止めるのなら 仆はそこに腰を下ろして
ともに歩めることが 何より爱しいから

ただ、あなたが笑ってくれるから 仆は生きてゆける
もし この声が涸れてもね 呗うから 歓びの歌
美しく辉くほどに 心に咲く花よ
いま称えよう どんな未来にも爱はある

いま、捧げよう
どんな未来にも きっと爱はある