Yozakura

Lyricist: Fukase    Composer: Nakajin・Fukase

春の匂いは前世の记忆のよう
思い出せないんだけど、少し懐かしいような
ここのところ夜がやけに长い気がする
贵方から连络がないから
きっとそう思うんだろう

あの时、仆らが数え切れぬほどあると、
思ってたこの春はもうあと何回来るんだろう

贵方に出逢うまでは
もう少し强かった
一人がこんなに寂しいなんて
思わなかったんだ

今すぐ贵方に会いたい
桜の花が散る前に
雨に堕ちていく儚さのように
短い其れだから

贵方のことを想うと突然哀しくなる
寂しい事はいつだって幸せが教えてくれる

何も考えずオオカバマダラのように
光に真っ直ぐになれたら どれほど良かったんだろう

贵方に出逢うまでは
もう少し强かった
一人がこんなに寂しいなんて
思わなかったんだ

今すぐ贵方に会いたい
桜の花が散る前に
雨に堕ちていく儚さのように
短い其れだから

泥に汚れた花びらは戻れない
美しかった时间に
そんな事分かってたはずなのに
何も出来なかった