花になれ

Lyricist: 百田留衣    Composer: 百田留衣

息も绝える环状线沿いで
色褪せた星と 暗空の下
いつのまに仆は 自分らしさと
生き方のレシピ 探しているんだろう?

素晴らしさという忘れ物
取り戻しに行こう くたびれた梦
幼少の顷 砂に埋めた様に
十年后仆に この歌を捧げよう

笑って泣いて歌って 花になれ
咲き夸れ いつか 光溢れ
歯痒くても きっと 受け止めるよ
未来は気にせずに

数えきれないほど 何度も
君の名を呼んだ
何処かで微笑んでるかな
夜空に放った 仆らの
声は喧噪の中 消えて
优しく仆らを包んでゆく

缲り返しの日々が嫌んなって
いっそ华丽に 辉いてみようか
永远に咲くドライフラワーよりも仆らは
散りゆくとも 一心不乱な桜になろう

笑って泣いて歌って 花になれ
咲き夸れ いつか 光溢れ
歯痒くても きっと 受け止めるよ
未来は気にせずに

数えきれないほど 何度も
君の名を呼んだ
手のひらに残る温もり
あの时 誓った 仆らの
声は喧噪の中 消えて
君といた街に 立ちすくむよ

いつのまにか 伤つく事が怖くなって
まだ蕾(つぼみ)のまま
光の射す场所を ずっと探してる
明日もきっと

何処まで行けば 笑いあえるの?
自由や希望や梦は 仆が思うほど
素晴らしいかな?辉いているのかな?
未来をこの胸に

数えきれないほど 何度も
君の名を呼んだ
何処かで微笑んでるかな
夜空に放った 仆らの
声は喧噪の中 消えて
优しく仆らを包んでゆく