Across the Times

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

在りし日の 仆を知る人は
この都会(まち)に 一握りで
故郷(ふるさと)じゃ 旧友(とも)たちが集い
莲の叶が 水面(みなも)に萌ゆる顷

宛て先を失くして 舞い戻ったメール
赎(あがな)えぬ约束 重ねど
“幸せであれば”と 振り切る笑颜

拭い きれない忧いを
ひとつずつ 吹き消しては仆ら
明日(あす)に 何を残せるだろう
长いトンネルの先 无作为に踏み出せば
やがて光は 射し込む だろうか

曲がり角の ない道は无いと
何度となく 言い闻かせて
善くも悪くも 身の丈を知って
また迷う 枝分かれの前

谁も同じだけの 时间(とき)を过ごすのに
ふと自分一人が 思い出に
取り残されたような 気にもなるけど

向かい 风を 全身で
受け止めて それでも生きて行く
巡り 着く いつかの路地
爱する人たちの 笑颜があればいい
空に愿うよ 想いを 驰せて

祈っても 缒(すが)っても 大切だった景色は
ひとつ またひとつ 风化してゆくんだろう
寂しくとも 残酷な时代(とき)に
希望探す

拭い きれない伤なら 胸に今 刻み付けて仆ら
向かい 风を 全身で 受け止めて
それでも生きて行こう

明日(あす)は 谁に出逢うだろう
长いトンネルの先 无作为に踏み出して
光灯る 场所へと 向かおう
歩こう