Furiwoshita.

Lyricist: Eve    Composer: Eve

隠してしまったの とっくのとうにさ
それでも认めたくなくて 目を背けるようになった

どうやって消费しよう ありあまるエネルギーが
なるべく自然体で がんじがらめになる毎日

それでも なんでもないって言うから

いつか 将来は 谁もがなりたかったその者に
いつか の仆ら 主人公的な梦物语
それもさ ふさぎ込んで いつのまにか外野からガヤ?ばしたりの毎日
谁にもなれないんだ

言叶の未来は落ちてゆく
わざと伤つけたりしたり わかんないんだよ ねえ仆が
いつか笑いあえるようにと
お愿い気づいてよ このままじゃ
今日が仆を连れ去っていく

気づいてしまうんだろう 物语の末路が
それでも认めたくなくて 呼吸は浅くなって

どうなってしまうんだろう 心の奥をノックした
いつでも多感的で 止まる事を知らない毎日

それらも 今ではもうない未来

いつか 将来は 谁もがなりたかったその者に
いつか の仆ら 主人公的な梦物语

いつしかその人にとって
谁かの为になりたい自分を
救ってあげたくて、祈りでありたいと
向かうだろう

酩酊 ここは踊ろうぜ
たいていは乗り越えていけるぜ
导いてくれる声が耳を伝う
その暗の中 まっすぐに仆は光を 见つめられた

言叶の未来は落ちてゆく
わざと伤つけたりしたり わかんないんだよ ねえ仆が
いつか笑いあえるようにと
お愿い気づいてよ このままじゃ
今日が仆を连れ去っていく

言叶の未来は落ちてゆく
わざと伤つけたりしたり わかんないんだよ ねえ仆が
いつか笑いあえるようにと
难しい言叶はいらないよ
空っぽになってしまう
本当は気付いてた 今日だけは
笑って泣いた 颜みせてよ