残像

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

风に吹かれなびく髪 柔らかな阳射し あの日と同じ景色
全ては心次第だよと 笑ってた君だけ消して

この身を削ってもと 想える人さえも
いつかは逢えなくなる それが人生と
割り切れるものなど 想い出の中の何処にも书いてないよ

爱してる 苦しくて 泣きたくて 24时间
今まだ消せない 君が消えないこの胸に
溢れ出す 想いはもう 青空に呑み込まれて

届く事もなく 今は无い星のように 彷徨う残像(ひかり)

梦が终わり目覚めるように 忘れる事で人は进んでくんだろう
それを许さないような出会いを 片方で望みながら

交わした约束を 残した伤迹を
抱きしめた记忆を 消す术を持たず
古ぼけた写真が 色褪せるように心は出来なくても

谁もが 涙を知る事で 大人になる
それが今だとして また一歩踏み出して
伝えよう 永く伸びた足迹を
振り返って あのドアを开けて 良かったんだと告げる その一瞬まで

本当に大切なモノを失った时に 人はもう生きれないと感じるけど
それでもやっぱり大切なモノの无い日々を 人は生きれないんだよ

仆らは谁かを爱する事で 确かめてる
鼓动が叫んでる 此処にいると叫んでる

爱してる 爱してる 爱しすぎた あの季节を
この胸焦がす音 腕の中で聴いていた
溢れ出す 想いはもう 青空に呑み込まれて

届く事もなく 今は无い星のように 彷徨う残像(ひかり)