東京哀歌

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

ある日の朝 东京という街に出てきたんだ
真新しいトランクに 溢れるほど诘め込んだ梦

上京すれば 梦见てきたはずの先人たちが
冷たい街だなんて皮肉っている なんて恩知らずな

そう思い 同じように暮らしてみりゃ 目も当てられない状态なのさ

梦中で追いかけた 怖いもんなどなかった
あの顷の仆は ただ空高く飞べる気がしてた
梦に破れては 帰りたくなる时 故郷に焦がれるなんて
虫がよすぎるかな? 「东京」

念愿だった この街で暮らして早や2年が过ぎ
本来いるべきポジションにはいないと ぼやく仆だけど

それはそれでね 爱しくもあって 不思议と结果オーライ

友にも恵まれ 爱する时间(とき)も増えた
でもそれと同时にね 孤独に暮れる日もあって
挫折を知っては 人の痛みを知る
それでも地に足つけて歩む 街を今日も一人

大切にしてた梦いつからか 呜呼 仆はおざなりにして

逃げ出したいのか 踏ん张りたいのかもね
时々わからなくなる そんな时 また空を见上げ

梦中で追いかけた 怖いもんなどなかった
才能も强さなんかも 初めからありもしなかった?
辻褄合わせも 正当化もせずに 今日も梦を见てもいいかな?
どう思う? 「东京」