Kaishingeki

Lyricist: Eve    Composer: Eve

抱え込んだって 意味はないな
全て全て饮み込んだって

吐き出しそうな 言叶达に
今日もうなされてしまうならさ

キミは爱せないな 马鹿になってしまうわ キミは爱せないな

透明だった はずの仆は
浊り霞んでしまいそうな

キミと一绪 あなたも一绪
それでそれで安堵したんだ

そしたら前に进めなくなって
急に足元が暗くなって
言叶が使えなくなりまして
仆じゃなくなりそうだ

この声に乗せたって
暧昧になってしまいそうな
それでも届くように精一杯の
旗を振ってみせるだろう

相対になったって
すぐに言叶にしたくなって
“大逆転的な展开はないさ”
そうやって仆を止めるのだろう

キミは爱せないな 马鹿になってしまうわ キミは爱せないな

冗谈で言った はずの仆が
今は目も逸らさなくなって

马鹿にしてきた あいつの文句も
今はどうでもいいんだからさ

そしたら灯りがつきだしまして
雨は全て流れていまして
体が楽になっていまして
仆にまたなれそうだ

明日を迎えるように
その足で立っていけるように
仆らはもう二度とこの场所へと
帰ってきてはいけないの

全て失ったって
谁になんと言われたって
“己の感情と向き合ってるのかい”
そうやって仆を取り戻すのだろう

热を持った その感情が
冷めないように

そこに宿った 仆の意志が
意味を成して 仆の胸に飞び込んできたんだ

この声に乗せたって
暧昧になってしまいそうな
それでも届くように精一杯の
旗を振ってみせるだろう

全て失ったって
谁になんと言われたって
“己の感情と向き合ってるのかい”
そうやって仆を取り戻すのだろう

キミは爱せないな