僕の存在

Lyricist: Ryuta Yamamura    Composer: Kazuki Sakai

思いがけないメールで 君の元へ駆けつけた
真夜中の雨が 頬をつたう
悲しい瞳に映る 君と彼との思い出
仆にぶつけるように 泣いて

彼のしぐさ 口癖なんかを 真似てみては
はしゃいでいた あの笑颜がいい 探そう

君の理想像には そぐわないんだけど
今夜だけは ずっと そばにいるから
きっと それだけじゃ 満たされないだろうけど
ただ 君が安らげる场所でありたい

今 君にとって仆は 恋爱小说の中の
脇役みたいな存在で
主役みたいに君をね 夺い去るのも违うけど
君がつらいなら こっちおいで

わがままでいい あるがままでいい 笑ってみてよ
その涙は そのままでいいから

好きなだけ泣いて 好きなだけ愚痴って
ほら雨も止んだ 云の隙间から
白い三日月が 弧を描いて
仆らに微笑んでるみたい ねぇ 笑って

「君を守りたい 幸せにしたい」
なんて出来る訳でもないんだけど
それでもね 君は 仆にとって大切で
ただ 今夜だけは そばにいるから