Over the rain 〜ひかりの橋〜

Lyricist: 山村隆太    Composer: トキタサトシ

冷たい雨が頬を濡らしても
花びらに落ちた滴が 君と重なって

それが光と呼べるモノならば 辉きは色あせないね
どんなに汚されたって

ああ、消えたいって思うこと これきりじゃない
悲しい记忆 消せないように

涙こらえた瞳の奥に 何よりもキレイな光をあつめて
云の向こうに歩いてゆこう 雨の后には虹が架かる

耳をすませば 聴こえてる鼓动
舍てたもんじゃないって そっと心が叱る

この手を取って埃をたたけば 君にも见えるはず
今日が昨日とは 违う今だと

ああ、ひとつの伤だけで 立ち止まるような
华奢な期待 ここに舍てて

谁もがみんな希望の桥を
心で描いてる 暗暗の中で

雨があがれば 空にかかる
梦を信じて 歩いてゆこう

声を枯らして叫び続けても
もがき続けて ただ报われない

手に取れそうな 届かないような
その光が答えだ

頬を濡らした雨の滴は ひとすじの辉き
おびえなくていい

谁もがみんな虹を観るために 生きている
冻えた暗暗の中で

雨があがれば 空にかかる
梦を信じて 歩いてゆこう

梦だけを信じ 歩いてゆこう