Toaru hajimari no jōkei ~Bookstore on the hill ~

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

木漏れ日降り注ぐ 窓际にもたれ
缲り返す日常(ひび)を ただ読み返していた
上手くいかない事 やり残した事
悬命に生きてきた事

古びた歌だって 口笛なら吹けるさ
薄らぐ梦だって 指でなぞれるさ
この场所でもう一度、ここからもう一度
描きたい物语(ストーリー)
(Make it be by yourself)
锖び付いていた 时计の针が
(Yes, Make it be by myself)
少しずつ动き出した

伝えたくて あの日君に交わした约束
ときめく鼓动を 抑えきれず
「好きなものを 好きでいられる」この空间は
大人になるより 无邪気でいたい
愿い込めて

喜びの种が咲かす 花の名も
哀しみが流れる 川の行く先も
幸せがあれば 寂しくなければ
どうでもいい事なんだろう
(Make it be by yourself)
待ち侘びていた 春の阳射しが
(Yes, Make it be by myself)
见惯れた景色を彩る

今ここで 见つけた言叶が时空を超えて
爱した记忆の 键をあける
「好きな女性(ひと)を 好きでいられる」この瞬间は
格好つけるより 素直でいたい
愿い込めて

目を闭じて 想い驰せる时が「梦」の始まりで
目を凝らし 歩き出した时が「旅」の始まりさ
恐がらなくてもいい

いつの日か 年老いた仆に残せるものは
この本のページ 走り书きの日々

好きなものを 好きでいられるこの人生は
孤独でいるより 力になろう
君のために
愿い込めて