春風

Lyricist: 山村隆太・百田留衣    Composer: 百田留衣

もっと 话していたいよ
ずっと 笑っていたいよ
きっと いつまでも 変わることない
君のいない 日々など.
想像も出来なかった

ずっと 手を繋いでいたい
ぎゅっと 握り缔めていたい
きっと いつまでも 変わることない
君といた 日々を今
もう一度だけで いいから

もしも愿いが 叶うのならば
仆はいつでも 君に会いに行く
几つもの夜 越えて来ただろう
君に捧げる ただ この歌を

凛とした君の颜も
ちょっと甲高い声も
いつか 记忆から 消えてしまうなら
今すぐ 「さよなら」
それが出来ないから 歌うよ

たとえ愿いが 叶わなくても
仆は迷わず 君に会いに行く
几つもの夜 越えて来ただろう
君に捧げる ただ この歌を

去年君がくれた
リュックのポケットに
「がんばれ」って书いた手纸
いま季节が変わる
新しい风よ吹け
この声届け もう一度 君のもとへ

君といた街 雑踏の中
君の面影 探してしまう
ただ会いたくて ただ会いたくて
いつまでも ただ 立ち竦んでた

もしも愿いが 叶うのならば
仆はいつでも 君に会いに行く
几つもの夜 越えて来ただろう
君に捧げる ただ この歌を