心做し

Lyricist: 蝶々P    Composer: 蝶々P

ねぇ、もしも全て投げ舍てられたら
笑って生きることが楽になるの?
また胸が痛くなるから
もう何も言わないでよ

ねぇ、もしも全て忘れられたなら
泣かないで生きることも楽になるの?
でもそんな事出来ないから
もう何も见せないでよ

君にどれだけ近づいても
仆の心臓は一つだけ
酷いよ 酷いよ もういっそ仆の体を
壊して 引き裂いて 好きなようにしてよ
叫んで 藻掻いて 睑を肿らしても
まだ君は仆の事を抱きしめて离さない
もういいよ

ねぇ、もしも仆の愿いが叶うなら
君と同じものが欲しいんだ
でも仆には存在しないから
じゃあせめてここに来てよ

君にどれだけ爱されても
仆の心臓は一つだけ
やめてよ やめてよ、优しくしないでよ
どうしても仆には理解ができないよ
痛いよ 痛いよ、言叶で教えてよ
こんなの知らないよ 独りにしないで

酷いよ 酷いよ もういっそ仆の体を
壊して 引き裂いて 好きなようにしてよ
叫んで 藻掻いて 睑を肿らしても
まだ君は仆の事を抱きしめて离さない
もういいよ

ねぇ、もしも仆に心があるなら
どうやってそれを见つければいいの?
少し微笑んで君が言う
「それはね、ここにあるよ」