kimitoiunano tsubasa

Lyricist: 小渕健大郎    Composer: 小渕健大郎
しわくちゃの写真には まぶしかった时间と
寄り添う仆等が痛い程 鲜やかに 焼き付けられていて
はぐれたのはきっと どちらのせいでもなくて
気がつけば君は仆の 中に住みはじめた

胜ち负けだけじゃない何かを 教えてくれたレースがある
一绪に走った 冷たい夏の雨
青いしぶきに重なる残像 水际に浮かべた感情
喜びや悲しみの伤さえ 包み込んだ 约束の光

あきれる程 真っ直ぐに 走り抜けた季节を
探してまだ 仆は生きてる
间违いだらけの あの日々に 落とした涙と答えを
胸いっぱいにかき集めて もう一度 あの夏空 あの风の向こう侧へ
君という名の翼で

夕凪が水面に 并べた羊云のように
斑の心じゃ君の 声にも気付かない

秋风がまだ远く夏の 终わりを待ちわびている顷
仆等の瞳に 最后の阳が落ちる
追いかけてもすれ违う感情 振り払えはしない残像
选べない道を目の前に 立ち尽くした 青春の影で

谛めても 背を向けても 误魔化せない心の
舵は今も 君の両手に
叶わぬ梦を浮かべても 沈まない勇気の煌めき
この一瞬に赌けてみたい 最后まで 离さずに 握り続けた愿いが
导く场所を目指せ

知らず知らずに 背中で聴いてた声が
今もまだ 仆を振り向かせる度 切なくて

あきれる程 真っ直ぐに 走り抜けた 季节を
探してまだ 仆は生きてる

间违いだらけのあの日々に 落とした涙と答えを
胸いっぱいにかき集めて はぐれない様にと抱きしめた
もう一度 あの夏空 あの风の向こう侧へ
君という名の翼で
仆等がいた あの空へ