Yuki No Furu Machi

Lyricist: aimerrhythm    Composer: 黒田晃太郎

恋しくて ただ恋しくて 今 粉雪が街を包みこんだ

会えてなくなって はじめて気が付いた
大切なコト 傍にいたコト
灰色の空 冷たい风が吹き付ける
キミの呼ぶ声 闻こえる気がするのはどうして?

ため息は白んで
季节はめぐる 立ち尽くす心残したまま

恋しくて ただ恋しくて 今 粉雪が街を包みこんだ
どうして? 生まれたての想いが そっと手のひらで溶けてゆく

かじかんだ指 吐息で温めた
爱しく想う あのぬくもり
ひとりになって 3度目の冬が来た
伝えたいのは 「元気でいるよ」と それだけ

大切な思い出
降り积もる雪のように また景色を染めていく

恋しくて ただ恋しくて 今 粉雪がナミダ包みこんだ
どうして? 突然で切なくて そっと濡れた頬を冷やしてく

目の前に今も浮かぶ
駅のホーム キミは涙こらえながら笑ってた

あと少しだけ 切ない冬の中で
二人きり 梦见ていたかった
そうだよ この雪がやむ顷には きっとまた歩いていけるよ