gekkou

Lyricist: 黒田俊介    Composer: 黒田俊介
零れ落ちた涙なら 拭えばいい 剥がれ落ちた自信なら もう必要ないさ
ただその理想だけは ただその理想だけは 汚さずに掲げていたい

愚かさに気付くのは いつでもそう
阶段 踏み外したり 転んだ时だけさ
あの时のあの言叶 あの时の温もりを この胸に刻んでいくよ

强くなる事は 弱さを见せない事じゃないよ
何度一人ぼっちの夜を シーツにくるまって迎えても
强くなんてなれないさ

优しさにすがったって 道に迷い込んだっていい
ポケットに诘め込んでも 不必要なものは 零れ落ちていく
悲しみを背负う事だって 谁にも言えない事だって
振り返る事でしか 进み出せない时もある

描き终えた现実のキャンバスに 白の絵の具
重ねても もう戻りはしない
でもその心だけは でもその心だけは 何色にでも変われるだろう

今 居る その场所を ちっぽけだと笑う事は 自分を笑う事さ
全てはその手の中にある いつの日か掴む栄光も 握りしめた悔しさも

爱する人は笑ってるか? 信じるものはそこにあるか?
それだけで今日という日に 鲜やかな色が描き足されてゆく
どうしようもない事だって 报われはしない事だって
ゴールに待つ真実のため 最后まで身に缠って 走れ

零れ落ちた涙なら 拭えばいい 剥がれ落ちた自信なら もう必要ないさ
ただその理想だけは ただその理想だけは 汚さずに掲げていたい

优しさにすがったって 道に迷い込んだっていい
ポケットに诘め込んでも 不必要なものは 零れ落ちていく
悲しみを背负う事だって 谁にも言えない事だって
振り返る事でしか 进み出せない时も
暗暗でしか见えぬ光がある
ああ 君も 寂しさに震えてるのか?