minamono chou

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎
羽の折れた蝶が 水面を揺らすよに
仆等は泳いでる 时代の海を

沈めた梦の城 砂に溶ける太阳
出口の无い空が 仆を睨む

繋ぎ留めるものなど何も无い 裸の自分でいたい
人を爱し抜く为 生きてるのさ ただ一つの命で

羽の折れた蝶が 水面を揺らす様に
仆等が描くのさ 时代の地図を

言叶で切り刻んだ 胸に散らばる抗えない想いを
血眼でかき集め ただ爱するあなたに届けるため

この道の终わりで 仆も消えてしまうのなら
胸を张って 走り続けよう
怖いのは壊れる事じゃなくて
心无い手に 壊されてしまう事

羽の折れた蝶が 水面を揺らす时
情热の波纹が 时代を作る

辿り着いた今日が 明日に繋ぐもの
仆等が运ぶのは 时代の船

沈みかけた梦も 漕ぎ出せない想いも
出口のない空に 漂ってる