Natural Venus

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

言叶より语る 星の瞳 微笑めば
なお憎い
ドライなフリして 溢れる爱 あぁ
男心を燃やす

敌うものはないさ どう足掻いても
その笑みに コウフク寸前の まま
今日も 街はときめいてる

优しさに弱いのはそう 优しいしるし
细いまつげで 耐えてる 涙模様

手を 伸ばしたって 届かない
触れられないんだ 丽しの君
なら この瞳を 闭じるまで
映したい 生きていたい

赤々と 燃えたぎる 蜃気楼を 追いかけてゆく
煌めいて 飞び交って 渇かせてよ
君はNatural Venus

折れそうなほどに まっすぐにただ
咲く花の 爱くるしさのよう
自分 だけの 色で 軽やかに舞う

海に浮かぶ 月のように 夜空を抱え
美しいまま 雅なまま 风と煽る

目を 开いたって 逢えない
恋の果ては いつも一人
でも 何度だって 出逢いたい
何が待つか なんて知らない

灿然と 抱きしめて ぬくもり一つ 追いかけてゆく
柔い肌に 长い髪に 见上げればまた 渗んでゆく夜


特别な何かになりたくて
この街中の谁より君が 眩しいから

この腕を 伸ばしたって 届かない
触れられないんだ 丽しの君
なら この瞳を 闭じるまで
映したい 生きていたい

赤々と 燃えたぎる 蜃気楼を 追いかけてゆく
煌めいて 飞び交って 渇かせてよ
君はNatural Venus