回転木馬(メリーゴーランド)

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

并んだ旅行会社のパンフまで 君は
毎日眼がとけるくらい ずっと探してる
どこかの远い场所きっと
君の好きな景色がある
そう信じてる 探してる

いつでも 「これだ」って思える 瞬间だけ
「ここだ」って思える 场所だけを 探してる
先なんて见えないのに
触れないのに わからないのに 知らないのに

いま 地球は廻っている めぐりめぐる回転木马(メリーゴーランド)
一绪にあと何度 廻れるだろう?
いまも地球は廻っている 光放つミラーボールの下
あと何度 君と踊れるだろう?
幻じゃないように

仆にとって居心地のいい景色も 君は
すぐに嫌いっていって すねるけど
いつかは君の谜を解き明かす
その答えを远い空に 梦みてる

谁でも 不安隠してる 実际 ぜんぶ幻
地図上の明日は かすんでても 暗くても
とがったその唇も
小さな事件が 今日も起きてる

いま 地球は廻っている めぐりめぐる回転木马(メリーゴーランド)
探してるモノって、ホントは知ってる
いまも地球は廻っている 小さな仆らがそこで生きてる
あと何度 君と踊れるだろう?
幻だとしても

つないだ手 伝え合う ぬくもりという温度
ぶつかって 喧哗した 今日という痛みも
君がいるすべてが いま仆の 现実で
たったひとつ抱きしめていたいもの

いま 地球は廻っている めぐりめぐる回転木马(メリーゴーランド)
一绪にあと何度 廻れるだろう?
いまも地球は廻っている 光放つミラーボールの下
あと何度 君と踊れるだろう?
幻じゃないように

幻だとしても