三日月○○

Lyricist: 藤巻亮太    Composer: 藤巻亮太

君の好きな花の名を 仆は今も覚えてる
甘い匂いがしていてさ 春风に溶けてしまいそう
雨上がりの空にそよぐ君の髪が
绮丽だね 沈丁花

三日月さらさらと揺れて
眩い恋をした
温もり确かめ合うよに
君の手を握った

透明な岚が吹いてきてさ
カーディガンの裾に手を丸めてる
仆らの新しい毎日は 春色の気配に包まれて
さっき観た映画の続き 君と仆の
思い出を刻むよ

三日月星座に纷れて
奏でる物语
何度も确かめあうよに
仆らはキスをした

一夜一夜に梦见顷 花びらつむじ巻く道路
儚い梦も幻も 君と一绪に见ていたい

三日月彼方にポツリと
心が欠けた空
小さな光を集めて
心に架ける桥

三日月キラキラ流れて
愿いをこめた夜
今日の2人しかしらない
秘密の物语