Unknown Justice

Lyricist: 辻村有記    Composer: 辻村有記

正义の向かい侧に立てば
こちら侧からは 悪を捉えてる
どちらのいい分も分かるよってさ
言叶巧みに操り仆らを裁くんだ

君の信じた正义は 知らぬ间に悪へと
変わる事を知らないから
そんなに无茶になれるんだよ

暗を切り裂いて 切り裂いて
仆らいつか交わるように

君は信じるんだ 信じるんだ
ただ一人 歩くのは
つらいから つらいから

仆から见た君の颜は
信じる事を疑わぬ表情で
困ったな この颜が仆を
仆の正义を
贯く事をためらわすんだ

仆が信じた正义は
君にとっての悪だと
初めから知ってたのに
今ゆれている「これ」はなに

暗を切り裂いて 切り裂いて
仆らいつか交わるように
君を信じれば 信じれば
それだけで
それだけで
いいのにな いいのかな

こちら侧とあちら侧の境目に立つ
そこから见たらどうだ
仆らはくだらないのかい
でも人それぞれ信じたものを持ってないと
正常な者なんていなくなる

正义の向かい侧に立てば
こちら侧からは 悪を捉えてる
そんな风に思ってたのに
君の正义に仆は侵されてる

暗を切り裂いて 切り裂いて 切り裂いて
仆らいつか交わるように
君を信じるんだ 信じるんだ
ただ一人 歩くのは
つらいから つらいから