強く儚く

Lyricist: 山村隆太/百田留衣    Composer: 阪井一生/百田留衣

笑った 泣いた 歌った
悔やんだ 爱した

"すべて なすがまま 心を澄まして"
なんて若き日に 悟れるはずもない仆がいて

时に"过ち"に 打ち拉(ひし)がれたりしたんだ
でもそれがなけりゃ君に逢えないままでいた

时代は闭塞 心はチグハグ どうしたいの?
苦渋の选択 结局 仆はただ君を探した

"サヨナラ" 泣いて笑った日々よ
すべてを爱と希望に変え
此の世界に今 君が居てくれる
それだけで充分なんだ

『何度伤ついても 悲しむ事には
どうか惯れないでよ 心までも浊さないでよ』

君はそう言って 优しい瞳(め)で仆を抱き缔めた
心のまま 真実の涙 流せたらいい

此の手に掴む现実(いま)が理想と
违っても それはそれでいいから
シナリオはまだ终わりはしないから
过ちも ただの"ワンシーン"

いつか君が语っていた梦の続きを闻かせて欲しい
嬉しそうに话す そのしぐさが たまらなく爱しくて

何度も何度でもいい
もっと笑ってよ

"サヨナラ"泣いて悔やんだ日々も
孤独の瞬间(とき)も爱せるように
シナリオはまだ终わりはしないから
过ちも ただの"ワンシーン"

もう一度 泣いて笑った日々よ
すべてを爱と希望に変え
此の世界に今 君が居てくれる
それだけで充分なんだ