Frame

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

舞い上がる花 アスファルト叩く向かい风吹く坂道 上ってく
破れた靴を気にしないように 新しい景色だけを见据えている

走った分だけ 磨いた分だけ すべて报われるわけじゃない
それでも时々见える希望(ひかり)に 心夺われて また立ちあがって 歩き出す

指で创ったフレイムを覗きこめば
远くで手を振る 真っ白な仆がいる
こんな风に生きてんだって たったひとつ
光る瞳で Yesと答えたい
自分で良かったと思える瞬间を追いかけて歩く
生きてゆくよ

背中を押され 闻こえるは愚痴で 通り雨を恨むような しかめ面で
安物のシャツ 破れば古着に见えるとつぶやく背中泣いている

谁もが何かを决める时に よぎる苦い思い出は
これから出会う宝の価値を测るためにある
掴み取るものの爱しさを

今がすべてで现在(いま)がすべてじゃないと
逃げたり慰めたりしながら进んで
花びらが舞う风の中仆は
ひとつ ひとつと 足迹を残してゆく
せつなさや虚しさの瓦砾の中
もがきながら 希望(ひかり)探している

孤独な旅路は 坂を登る途中 ・・・それこそ梦

指で创ったフレイムを覗きこめば
远くで手を振る 真っ白な仆がいる
くたびれたリュックは空っぽのまま
それでも微笑(わら)って Yesと答えたい
自分で良かったと思える瞬间
この世に出会えて良かったという瞬间
自分で良かったと叫びたい瞬间を追いかけて歩く

生きてゆくよ