Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

前を向きなよ 振り返ってちゃ 上手く歩けない
远ざかる君に 手を振るのがやっとで

声に出したら 引き止めそうさ 心で呟く
“仆は仆の梦へと 君は君の梦を”

あたりまえの温もり 失くして 初めて気づく
寂しさ 噛み缔めて 歩みだす勇気 抱(いだ)いて

溢れだす涙が 君を遮(さえぎ)るまえに
せめて笑颜で“またいつか”
伤つけ合っては 何度も许し合えたこと
代わりなき仆らの证になるだろう

“我侭だ”って贬(けな)されたって 愿い続けてよ
その声は届くから 君が君でいれば

仆がもしも 梦に 败れて 谛めたなら
远くで叱ってよ あの时のようにね

君の指差すその未来(さき)に 希望があるはずさ
谁にも决められはしないよ
一人で抱え込んで 生きる意味を问うときは
そっと思い出して あの日の仆らを

“またね”って言叶の儚さ 叶わない约束
いくつ交わしても惯れない
なのに追忆の破片(かけら)を 敷き诘めたノートに
君の居ないページは无い

溢れだす涙 拭う顷 君はもう见えない
想う言叶は“ありがとう”
伤つけ合っては 何度も笑い合えたこと
绊を胸に秘め 仆も歩き出す