hanabiratachinomarch

Lyricist: aimerrhythm    Composer: 飛内将大

あれは二年目の春の日 雨上がり グランドの隅っこ
光の粒と 揺れて走る 君の背中を见てた

伝えたかったこと全部ね 教科书の隅 落书きだった
あれはまぎれもなく恋だった ただの思い込みじゃない

春が来て あんなに好きだったのに
壁も 窓も 空も 消えてなくなって
泣かない 泣かないけどね
きっと まだ见つめたかった
ただ见つめたかった

覚えたてのギターは まだFのコードが苦手なままで
君の好きな古い洋楽を弾けるまで続けるよ

春风は あんなに好きだったもの
花も 恋も 声も 全部つれてくの?
まだ见ぬ真新しい场所でまた见つけなくっちゃ
また见つけなくっちゃ

春が来て どんなに离れても
あれも これも 全部 傍にあるからと
ひらひら揺れながら そっと花びらが歌った
花びらは笑った

十年后にまた会えると ありふれた言叶 歌にした
明日朝一 街を出る 君に どうか幸あれ