Uroko - From 'Boku To Kimi' Soundtrack

Lyricist: 秦基博    Composer: 秦基博

少し伸びた前髪を
かき上げた その先に见えた
绿がかった君の瞳に
映り込んだ 仆は鱼

いろんな言い訳で 着饰って
仕方ないと笑っていた
伤付くよりは まだ
その方がいいように思えて

夏の风が 君をどこか
远くへと 夺っていく
言い出せずにいた想いを
ねぇ 届けなくちゃ
君を失いたくないんだ

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鳞のように 身にまとったものは舍てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ
それでいいはずなんだ

季节の変り目は 暧昧で
気づいたら すぐ过ぎ去ってしまうよ
まだ何ひとつも 君に
伝えきれてないのに

夏の风に 君を呼ぶ
渇いた声 消されぬように
あふれそうな この想いを
もう ちぎれそうな
くらい 叫んでみるんだ

君に今 伝えたくて 歌ってるよ
たとえ どんな明日が ほら 待っていても
鳞のように 身にまとったものは舍てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ
それでいいはずなんだ

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鳞のように 身にまとったものは舍てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ
それでいいはずなんだ