omoideha kireide

Lyricist: aimerrhythm    Composer:  

白い靴が泥だらけでも
公园のブランコ秘密の子猫
日暮れまで游んで あなたの呼ぶ声
夕饭の匂いと伸びていく影

谁より1番大きな背中
世界中で1番优しいその手
疲れてたくせして肩车なんてね
触れるほど夕日が近くに见えた

思い出は奇丽だ
憧れがなって
ひとりでにこぼれたのは
あなた譲りの癖

日曜の朝 焦げたトースト
床に落ちたシャツにママが笑う
月曜日になったら谁より强くて
二人乗りしたよね 锖びた自転车

思い出は奇丽で
憧れてたんだ
ひとりでにこぼれたのは
あなた譲りの癖

もう少しだけでも
あとすこしだけでも
そばにいれたなら
何を伝えただろう?

さようなら ありがとう
爱されてたんだ
ありふれた言叶しか
出てこなかったんだ